忍者ブログ

大手拉小手

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というころんそれも

グジは右手でそれを制すと、諭すように言った。「ブツを誰にもばれないように精巧に作る。しかも締め切りが異様に短い。行き先の指定もある。これだけのことでも、これがどれだけ面倒な、そして大変なことなのかわかるbioderma 卸妝水でしょう?」グジは薄笑いを浮かべた。
「私が無理なら子供だけでもいい。金なら出すわ、いくらになるの?」
 グジは目安となる金額を言った。「これから増えることはあっても減る事はありません。そして最終的に申し上げる金額からびた一文まかりません。それでご不満なら他所へいってください。引き受けるところがあればのことですがね」グジは薄笑いを浮かべたまま言った。
「ひとでなしめ」エリはこのところ悪態ばかりついている。
 エリの一言を受けてグジは薄笑いを収めた。「ただし1人分じゃありません。2人分です。ねえさんの依頼、親方は受けないとは言ってません。ただ条件的に要望に応じられない部分もあるし、困難な作業のコストに見合う報酬を求めているだけです。極めて妥当な値段だと思いますよ?ねえさん」
「どういうこと?」エリは質問した。
「子供1人での移動に際しては、もちろん正成立公司規のサービスを利用しますが、万が一を考えて、乗務員のサポートが得られるよう手をまわします。もち込みになっています」
「むう」エリは言葉を飲み込んだ。
「それに」グジはエリの顔を覗きこんだ。「子供を移動させるだけでは、残ったねえさんの立場が非常にやばくなりますよね?」
「わかってる!だから一緒に」
「それは先ほど言った理由で不可能です」グジは言葉を被せる。
「何かいい提案は有るの?」エリはたたみかける。
「ねえさんを安全な場所に匿い、顔を変え、あらためて出国させます。海外に出てしまえば奴らの影響力は非常に限定的な物になりますし、万が一追手がかかっても“血まみれエリ”はもう見つからない」
「それはそうだけど、でも顔を変えるとなると大事ね」
「そうです。 大事になります。あらかじめ言っておきますが、ねえさんには全くの別人になってもらいます。顔も名前も国籍もこちらで選定した人物になりますから、子供と同じ国に行ける可能性は低いと思います。もう会えることは無いかもしれません。もっとも、会っても誰だか分からないでしょうけれど。先ほど言った料金はそこまでを含んだ物だとをお分かりいただけますか?」
 エリは黙り込んだ。グジもそのままの姿勢で黙って待っている。
 エリはグジに向けた顔を笑顔に変えた。「そんなに整形外科にツテがあるんだったら、フワリからチップを取り出せるんじゃないかしら?」エリは柔らかいその本来の発音で実名をあげた。
「それについては考慮に入れて、色々と調べてみましたが」グジは努めて冷静な様子で言った。「まずはっきりしていることは、ベント達にはフ去眼袋ワリを生かしておくつもりは全く有りません」彼はフワリを硬い音で発音した。「フワリはガウガの娘です。つまり、彼らはこの先ガウガの影響力を残すつもりは全く無い。だから、我々が高度な医療設備をもった病院と医者を紹介することができても、彼等にとってそれは全く余計なお世話だ、ということです。つまり、彼等はフワリの体内に埋め込まれたチップを必要としていますが、フワリには全く興味が無いんです。それどころか彼等にとってフワリは邪魔な存在です。簡単に言えば消えてほしいんです」
PR

ペキニーズのイノ​​セント女の子のタイプ

彼はは、スノッブ、私は発言貧しい人を思うと述べました!人々自身の弓の弓とは、大きなエビのようにも犬を責める犬、より低い低のもう一方の端を弓はどこ?

騒々しい何を」リー氏の家族不可触民ああ!!!クイックエスケープああ」:多くの場合、私の後ろに誰かが叫んだ、散歩するために、私は通常楊海成甘やかさ?何騒々しいですか?市場では見られない人々は、私は、一般的に、これらの世俗的な悪役を気に行っていません。時々私も、私は幹部、あるいは交通警察は、すぐに目に恐怖、嫉妬、カレー好意を露出させ、私は笑う迎えるために弓を弓かどうか、長い間凝視、剥き出しの歯は私の病気だし、いくつかの意志、わざわざ彼の汚い足外に私の貴族の頭をタッチします。犬の気性によると、それは間違いなく彼をかましますが、所有者は私のマスターは、私は従わなければならない凛とした長官であることはできないだろう。

私の主人は、彼らが私を呼んで、私を愛して "坊や。」彼らは私に私の妻になり、スカート高貴グレートデーンを身に着けている純血種のホルスタインを買って、私は非常に消極的だった、と多くの場合、恋人を探して出て行きます。美しいボ楊海成ディドイツの黒いバックを持っている私の恋人は、エレガントレッドウルフ、1白いドレスを持っています。これらの犬の薪の女の子美しい雰囲気を参照する場合を除き、私は、好きではありません。

一部の人々が私たちの家に来て、私は非常に怒っているになります。それらの人々がだらけすべての笑顔、卑屈であるを見てください。犬はこのアンデス気性をかむますが、所有者を求めている人のための所有者は、私を叱ります。彼らは所有者にカラフルな紙の嵐の嵐をされます。所有者は、ベッドの下に詰めたもの、カラフルな紙を入れて、それについて怒っている礼儀正しくするふりをします。紙の嵐にそれらのいくつかは、金型、長い髪をしました。私は紙の匂いを我慢できないこと、それは汗の臭い、女性の香水だけでなく、血液でした。私はめったに夜の両方の所有者は、これらの論文のポイントに夜に何ホールは、私は本当に彼楊海成らがそれらの書類を希望する理由がわからないときであっても、再生するためにそこに行くん。

時間不曾停歇,而我何時才能看到晴天

有一種相思嵌在文字筆墨裏,正如花一樣改善橙皮紋 嬌豔的綻放,縱然開的絢麗奪目,卻也難逃夜幕裏的落寞,凋謝時的奈何。。。。
  
  一筆一傷,一思一念,染了寂寞,驚了魂魄,讓相思暈染一紙的蹉跎。。。
  
  ------題記
  
  【來去歸,顧盼幾回】
  
  一座城,一個人,癡等。。
  
一份情,守著一座城,一顆心住著一個人。一滴淚,回首是歎不盡的紅塵。。每每顧盼流離的癡纏,一次次的輪回,一次次的<感受,相聚別離,嘗盡了各種滋味,卻仍然是無力的繼續著這樣的反復。
  
夜幕降臨時,我躲進了黑暗裏,陰霾仿佛許久不曾這麼痛快的駐足我的內心了,那種疼深深的。每一次的相聚是幸福的,只是離別卻雪纖瘦也是早就預寫的。放佛一座城在喧鬧過後歸於平靜了,那種冷清刺穿了我本以為堅強的堅不可摧的內心,不停的告訴自己我必須堅強,曾以為感情可以讓人變得強大,因為心裏的執念會給與太多的期望。只是漸漸的才明白,感情讓人變得強大,只是自欺欺人的佯裝而已,把深深的痛楚埋進了期望的幸福裏,那短暫的相聚裏。。。
  
  來去匆匆的腳步,任我怎麼去欲留,終究只是我一人的執拗。
  
  來去歸兮,等待是別離的初始,相聚亦是別離的開始,不明了幾時的相聚才是永久的不離。
  
  【相思成河,夢中為客】
  
  離別後的思念永無止盡,時間於我而言是一種輪回。
  
  日光下的明媚耀眼的看不到眼淚,,黑夜裏的落寞清晰的痛徹心扉。
  
  歲月經不起等待,而有了等待的時光便暗藏不了那無法言語的隱痛。
  
  一種相思流成河,遙遠的彼岸怎麼看也看不穿,把思念刻進了夢裏,輪回般的上演一幕又一幕的相聚別離,你在我夢裏成了不變的主角,只是一場舊戲,重複的上演,重複的謝幕。我在等待裏淪陷,在相聚裏盡演。
  
  【心事染墨,一紙蹉跎】
  
  很久很久沒有通過文字的方式去訴說,去填滿心裏某個地方的空虛了。
  
  筆墨裏的傷太多,是相思的禍還是世俗的過?癡情唯我,傷情唯我。染滿了落寞。
  
  花開一季,誰甘願,誰奈何。面對已定的結局,花開終有謝,花謝亦會開,誰說不痛,誰說不傷,只是宿命。
  
  一季又一季的花開花落,守花人甘願等著花期。一次又一次的相聚別離,癡情人甘願守著歸期。。。
  
  一紙素箋,心事了然,道不盡的無奈,文字醉倒了多少癡愛。
  
  月華初上,心裏清晰了你的模樣。我瞥見了此生不換的溫婉。只是傷痛在我心裏最深的地方。
  
  容我借著筆墨痛哭一番,心裏太多太多說不出的彷徨,寂寞的夜,太漫長。等一個又一個的天亮,卻總是等不到我們說好的常伴身旁。。
  
  你曾許我太多的期望,這些期望成了我心裏唯一的念想,把那些傷痛深深的藏,試圖看不見離殤。
  
  可是等你走後的落寞,不論我怎麼深藏它都不願安靜。眼淚湧出眼眸的那一刻,我才知道時間揉進了等待裏是那麼的可怕。。。
  
  那麼的漫長。。那麼的無望,遙遠的看不到一點曙光。
  
  我依然在等待裏輪回著,歲月安好。



就讓我把淡淡的相思化作漫天的相思雨

今夜,沒有星光燦爛;今夜,沒有月光滿天。燈影守著一方數米遠的藩籬,心海便有了微瀾點點暈開。依窗遙望有你的方向,一種情緒蠢動著想要突破夜的束縛。當孤寂的影子再次爬上窗臺,相識的點滴穿透層層雲靄,撲面而來美麗華領隊我看到了你一襲布衣,手持逐夢的笛跨越了千山萬水。一曲《緣分》以溫馨四溢的魅力,闖入我的眸。你難以表述的愉悅和著一種親切的溫存悄然而至,那幸福像雷一樣突兀,卻是餘韻悠長。
夜在靜謐中清醒,風在呢喃,心雨開始飄逸。一顆柔弱的心,蕩漾出層層的漣漪。不知何時,隨著你的出現,我塵封的情感破土而出。
帶著最初的嚮往和渴望,帶著心底裏最熱切的呼喚,試著將靈魂向你靠近。就象一顆露珠渴望太陽的親吻,心事磅礴而上。即使經受不住炙熱,夢想也會化作一縷輕煙,繼續千尋的旅途。
這個時候,思緒不可逆轉。每一朵思之浪花美麗華領隊都是一條流著希望的小溪。
許多美好的嚮往從四面八方湧入靈臺。欣喜簇擁著我,並將未來置於婉約的江南。那青磚黛瓦;飛泉流水;古道修竹;楓橋夜泊;細雨霏霏;斷橋煙柳;吳音軟語... ...畫面裏還有十指相扣。
你的出現,猶如雨後斑斕的七色彩虹,溫暖了我黯然失神的雙眸。一席溫暖如春的牽掛落入我的夢裏,滋潤出一捧清澈如蓮的花語。你如一株參天的樹,我便如那朵攀援的淩霄花,願在你的呵護和關懷裏開出自己的風采。
你的柔情和夢想,似魔笛,勝苗蠱,種進我心裏。又如帶露的玫瑰,摸到了痛的甜蜜;如縱橫的蛛網,沾上就不容易摘去痕跡。無形之中,總有一種幸福慢慢的向四周擴展,氤靄裏有你若隱若現的笑,痛並且快樂著。
就讓我把淡淡的相思化作漫天的相思雨美麗華領隊與風共舞,與雲同行。
一顆凡心,獨自在紅塵行走,只見荊棘遍地。癡心不改,情中讀你,百讀不厭。讀你純良如玉;讀你深情溫婉;讀你善體人意;讀你溫暖如花。
好事也多磨,彩虹總是要在風雨後。紅塵過處,誰能片葉不沾衣?不如意的事情總會趁虛而來,在某個十字路口考驗著你的耐心和包容。多想遠離任性,用賴以自信的溫柔和浪漫的情懷撫慰你乾渴的荒原,驅趕那些經年的疲憊!
牽掛多了,自然也會得寸進尺。賭你不相欺;賭你勿忘我;賭你相知、相守這一生。盼著能用一雙溫暖的手,輕輕試去你眼中的潮汐;盼著能用一顆善感豁達的心,解讀你玄妙清純的精神世界;盼著能用一只生花的筆,重新塗畫你不盡人意的某篇斷章... ...
想說,謝謝你的給予。真的懂你可以扛住風雨,只為了給我一片晴空和自由。就讓我們,牽著一根紅線,帶著滿腹的情,踏破一路荊棘,叩響心中的呼喚。退是為了進,秋天來了,春天還會遠嗎?
於是,我在這個清冷的夜裏,醞釀出萬種柔情。多想擁你入懷,靠近你的溫暖,聆聽你的癡情,靜聽你的心跳。如果時間可以重來,生命的旋律,依然為你蕩漾;愛情的琴弦,依然為你嫵媚。今夜,不想走出有你的的夢鄉。真的很想你!

這樣我就能在晚上11點之前上床睡覺

父親比我大了整整50歲,老來得子,高興得放了兩大掛鞭炮,擺了10桌宴席,還開了那瓶存放了兩年都沒捨得喝的五糧液。
8歲時,父親帶我去學二胡,從家到少年宮,騎自行車足足要一個小時。等我放學了,他把我送過去,晚上9點再去接我。到家時,已經10點多了,我飯沒吃,功課也沒做,不得不繼續奮戰到深夜。於是,父親決定買一輛摩托車,這樣我就能在晚上11點之前上床睡覺。
我媽說:“你都這麼大年紀了,能學會嗎?”父親握緊拳頭,一邊展示胳膊上的肌肉一邊豪情萬丈地說:“穆桂英53歲還掛帥出征呢,我是個大老爺們,小小摩托車還征服不了?”他胳膊上的肌肉松垮垮的收缩毛孔,看得我一個勁兒地捂著嘴偷笑。
我10歲時,父親60歲,從單位光榮退休後的第二天,他就找個人多的街道,擺起了修鞋攤。收費低,活兒做得又好,常常忙得抽不出身吃飯。
以前的同事閒逛到他的攤前,不解地調侃:“老黃,退休工資還不夠花呀?都這麼大歲數了,還幹這活。你這手藝什麼時候學會的呀?”
父親一邊抱著鞋飛針走線,一邊爽朗韓國 午餐肉地笑:“這麼年輕就閑著,還不得閑出病來。”看著他溝壑叢生的臉,我忽然感覺有點難為情。
我讀高三那年,父親執意在學校附近租間房子,學人家搞陪讀,還不辭辛苦地把修鞋攤也搬了過來。我上課時,他在家做飯;我放學時,他水解蛋白急匆匆出攤。
飯做早了會涼,但他總是把時間掐得很准,每次我都能吃到熱騰騰的飯菜。可這樣的話,他就只能餓著肚子幹活,能吃飯時菜早已涼透。
我幫他收攤,一個補鞋的中年婦女說:“你孫子都這麼大了呀,那你幹嗎還這麼拼命?讓兒子養著就好了。”我站在旁邊,臉上火燒火燎的,命令他:“以後不要再擺攤了,家裏又不是窮得揭不開鍋!”
他把臉一沉,氣呼呼地說:“我還這麼年輕,還能多掙點!”說這話時,他68歲,原本挺拔的腰身已經有些佝僂。
大學時,遠離家鄉,我和父親難得見上一面,所有的交流都靠一根細細的電話線維繫。他總是在電話裏說:“想買啥就買啥,別太寒磣,我還年輕,養得起你。”
畢業後,我留在大城市發展,工作和生活的壓力讓自己離遠方的父母越來越遠,連電話都打得少了。偶爾打過去,父親還是那一套話:“家裏一切都好,我這麼年輕,能有什麼事兒啊?在外面好好幹,別瞎操心!”
聽他這樣說,我就真的很少操心,連談戀愛、買房子也心安理得地接受了父母的經濟支援。此時的父親已經快80歲了,我知道他已經不年輕,但是我卻一直以為他至少身體健康、沒病沒災。
直到母親的電話打過來,我才知道,原來有那麼多的秘密,我一直不知道。父親病了,是腦出血。他一直有高血壓,常年離不開降壓藥。他是在鞋攤前病倒的,中午的太陽火辣辣地烤著,年輕人都避之不及,何況一個年近八旬的老人?

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/05)
(01/12)
(02/01)
(04/12)
(04/25)

P R

Copyright ©  -- 大手拉小手 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]