忍者ブログ

大手拉小手

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

她從小父母就去逝了

我承認,這是一段錯愛Dr. Reborn好唔好
認識琴是在一次朋友的聚會上。當時琴對我們這一幫朋友不是很熟悉,所以她不大插嘴說話 ,只是人家提到她時才淡淡一笑,有一種難以合群和孤單的感覺。我不知道她是怎麼走進我們的圈子,但不管怎麼樣,既然來了就是朋友,我們應該要熱情招待,不 應該讓她冷落。就這樣,我就慢慢地接近了她。
琴的性格並不是很內向Dr. Reborn好唔好,而時一時沒有適應環境的緣故。琴告訴我,她不是本地人,而是來自另外一個很遠的城市,不過,她會經常來到我們這些地方,這因為是工 作的關係。在與琴的交談中,我覺得她是一個很好說話的朋友,她的實在、她的樸質、她的言語、她的為人,就開始深深地吸引著我。她的外貌雖然不是很亮麗,但 是同她在一起的時候,我們有共同的語言,有說不完的話題。
我知道,我的心已經慢慢地向琴靠近。後來,我去了一趟她那個居住的城市,並一起去吃了一頓飯。在吃飯的時候,我發現她心身疲憊焦瘁,有很多話她欲言 又止,好像有難言之隱的事情沉在心底。我看著她的一絲絲笑容是擠岀來的,很多不愉悅的心情從答非所問中表現岀來。我看她那個樣子,也不想多說什麼。晚飯 後,我取消了在那個城市落腳一宿的念頭,便直接開車回家了。
大概過了一個星期的樣子,她給我打來一個電話名創優品miniso,說了很多那次招待不周之類抱歉的話,還向我解釋了一些那天她心情不好的原因,我從她的解釋中逐步瞭解到她的家庭、她的生活、她的工作。她是一個很不幸的 女子。她從小父母就去逝了,一直由她的大伯伯養大。結婚初期,她為了創業不想要孩子,後來等到事業有成、生活穩定,想要有一個孩子的時候,又生不了孩子, 這一點上她可能很苦悶。其實沒有孩子也沒關係,只要她老公待她好點就行了,可偏偏她老公又不怎麼樣,而每次爭吵都會提及離婚,這讓她很傷心名創優品miniso

我對她說,“琴,傷心的時候就來我這裏散散心吧。”其實,這是一句客套話。說句實話 ,誰能了斷別人家的私事呢?但不管怎麼樣,總要寬寬人家的心吧。可是,想不到那個晚上她突然給我打來一個電話,在電話裏她只是一個勁地哭泣,我不知道她發 生了什麼事,在我再三追問下,她說她差點被他打死了,就一個人逃岀來躲在我們這裏的一家賓館裏。我一邊勸慰,一邊覺得有必要去看看她,總不能讓她一個人孤 單、絕望地在那裏等待呀!
當我推開房門時,她抱著我哭得更傷心了。也許,她真的受委屈了。她伸出雙臂,露岀了青一塊紫一塊的傷痕,我發現她的頸部也有一條條抓傷的指印,可能 他們打架打得很厲害。過了很常一段時間,她的心才開始平靜。我儘量不去涉及她家庭的問題,多談一些她開心的話題,可是她的內心始終無法高興得起來,一次次 在不停的歎息聲中沉默,在沉默中傷心的流淚,在流淚中尋找情感的寄託。
時間告訴我,我不能在這裏繼續停留,可就當我要告別離開的時候,她又一個勁的抱住了我,她抬起了滿眼的淚珠,無奈地說:“你真的就要這樣離開嗎?” 我不知道怎樣去回答,只得告訴她,“你累了,早點休息吧。”她哭得更傷心了。我去衛生間拿來毛巾,幫她擦去了臉上的淚痕後,接下來我真的不知道應該怎樣去 安慰她。她深情地望著我,問“你今晚能留下來陪我?”的那一刻,我的心在猶豫、在驚動。當我意識自己不應該這樣,就決定離開時,她就狠狠地說了一句:“那 我現在就決定回去了。”
這怎麼可以呢!不要說相距一百多公里的路程,就說她一個人在半夜裏行走能讓我放心嗎?在這樣的權衡之下,我不得不妥協了自己。這個妥協在我的心裏是 有點不高興,因為發現她有威脅存在,但為了她的安全期間,我還是忍受了。那一夜,我就宿在賓館裏,面對陌生的房間,面對身邊陌生的人,我輾轉反側一直難以 坦然熟睡。那一夜,我知道她也不可能睡得很香,也許有我的存在,暫時會驅散了對她的寂寞,但心裏的牽掛、心裏的糾結始終會存在,不可能因為我的岀現而改變 她的一切。事實,也證明了我的判斷。
PR

不肯屈服,就能穿越過去

在一個貿易洽談會上,我作為會務組的工作人員,把一個中年人和一個小夥子送進了他們的住房--本市一家高級酒店的38樓。小夥子俯看下麵,覺得頭有點眩暈,便抬起頭來望著藍天,站在他身邊的中年人關切地問,你是不是有點恐高症mask house 面膜
  小夥子回答說,是有點,可並不害怕。接著他聊起來小時候的一樁事:“我是山裏來的娃子,那裏很窮,每到雨季,山洪爆發,一瀉而下的洪水淹上了我們放學回家必經的小石橋,老師就一個個送我們回家。走到橋上時,水已沒過腳踝,下麵是咆哮著的湍流,看著心慌,不敢挪步。這時老師說,你們手扶著欄杆,把頭抬起來看著天往前走。這招真靈,心裏沒有了先前的恐怖mask house 面膜,也從此記住了老師的這個辦法,在我遇上險境時,只要昂起頭,不肯屈服,就能穿越過去。”
  中年人笑笑,問小夥子:“你看我像是尋過死的人嗎?”小夥子看著面前這位剛毅果決、令他尊敬的副總裁,一臉的驚異。中年人自個兒說了下去:“我 原來是個坐機關的,後來棄職做生意,不知是運氣不好還是不諳商海的水性,幾樁生意都砸了mask house 面膜,欠了一屁股的債,債主天天上門討債,6萬多元呵,這在那時可是一 筆好大的數字,這輩子怎能還得起。我便想到了死,我選擇了深山裏的懸崖。我正要走出那一步的時候,耳邊突然傳來蒼老的山歌,我轉過身子,遠遠看見一個采藥 的老者,他注視著我,我想他是以這種善意的方式打斷我輕生的念頭。我在邊上找了片草地坐著,直到老者離去後,我再走到懸崖邊,只見下麵是一片黝黑的林濤, 這時我倒有點後怕,退後兩步,抬頭看著天空,希望的亮光在我大腦裏一閃,我重新選擇了生。回到城市後,我從打工仔做起,一步步走到了現在名創優品。”
  其實,在我們每個人的一生中,隨時都會和他們兩位一樣碰上湍流與險境,如果我們低下頭來,看到的只會是險惡與絕望,在眩暈之中失去了生命的鬥志,使自己墜入地獄裏。而我們若能抬起頭,看到的則是一片遼遠的天空,那是一個充滿了希望並讓我們飛翔的天地,我們便有信心用雙手去構築出一個屬於自己的天堂。

我已經做好了萬全的計畫和準備

等待許久的暑假假期終於到了,為了這個大長假,我已經做好了萬全的計畫和準備名創優品miniso
  暑假裏,我要飽讀人間書,遨遊知識的海洋,什麼《窗邊的小豆豆》、《假如給我三天光明》等我都要一飽眼福。瞧!我正在看《心是一顆會開花的樹》呢!故事裏那些動人的情節,讓人如癡如醉,說的是一位善良的女孩為了治好媽媽的病,不惜放棄去北京大學就讀;還有一個無勞動能力的人,他在故土找回了遺失的希望;還有一個年僅五歲的小女孩懂得照顧,年老的奶奶......這一個個感動人心的故事,時時感動著我,激勵著我名創優品miniso......
  暑假裏,我要練習書法,讓自己修身養性。當我寫到森林的“森”字時,一棵棵高大挺拔,蒼翠欲滴的樹木屹立在土坡上,就好像是森林的守護 者,它們時刻保護著自己的家園;當我寫到“海”字時,一陣陣波濤洶湧的海浪拍擊著海岸湧起一陣陣浪花,海面有時平靜得像個 乖巧的小資,一會兒輕輕親吻著我的臉龐,一會兒又摸我的小腿;有時又像個兇悍的大人,震耳欲聾的叫著;當我寫到“家”時名創優品miniso,一陣暖流,流進我的心胸,媽媽正 微笑著望著我,爸爸輕輕撫摸著我的額頭,妹妹淘氣地跳到我的身上,弟弟則咿咿呀呀地說著話......漸漸地我沉醉在書法之中。
  暑假裏,我要回我的家鄉,探望親朋好友。當一回山裏的小姑娘,背著籮筐,哼著小曲,手中搖晃著狗尾巴草,采一朵野花頭上戴,采著艾草,在溪水中玩耍,是不是活生生的“小村姑”呢?
  暑假裏,我還要名創優品山寨......

ってきたら一緒に食べましょ


とある親子が会話をしている。子供にお遣いを頼むという場面。どこかに買い物に行くようだが、その中身を再度確認しているのだ。

「サーティーワンアイスクリームに行って、さっき教えたものを買ってくるのよ」「わかってるよ、ママ」
「あのね、アイスが溶けないように、冷たい香港 ツアー塊を一緒にもらってくるんだよ」「うん、さっききいたやつでしょ。氷じゃないやつね」
「そうよ、ド・ラ・イ・アイスって言うの」
「ドライアイスでしょ、ぼく知ってるからさ。もういってくるね」
「それじゃあお願いね、帰ってきたら一緒に食べましょうね。ママはお洗濯をしないといけないからね」
「うん、それじゃいってきます」
「車に気をつけてね親子活動

 三十手前といったところで背は高くなく、痩せ型である。控えめに癖付いた化粧のせいもあり、人目を引く華美さは感じさせない。にしても、年齢不相応というほどでないちょうど落ち着いた物腰と穏やかな表情のなかに、若い母親の誰もが持つことを望む、強さと慈愛を兼ね備えた母性の準備が整えられつつあるところをかいま見せる。
 息子は八歳、もう親の後をどこまでもついて回ったり言うことを黙って聞いていただけの頃とは違う。これからは小学校でも中学年生として、自分の主張や感情が相手に伝わるようにしっかりと説明する態度が求められる。出来ることからでも家のことや親の手伝いなどへと積極的な関わらせが、情操面でも教育に良い影響を与えるだろう韓國人蔘

 そういったわけで、今回はとりあえずお遣いを頼もうと母親は考えたのだった。それも子供の好きなアイスクリームだったら、喜んで行ってくれるのではないか。店員に注文を伝えてお金を渡し、自分が言ったものとちゃんと同じか確認し正しいお釣りを受け取る。店から帰ってくるときもアイスクリームを早く食べたい気持ちを抑え慎重に焦らず、容れ物をあまり揺らさないようにしながら周囲の車や人にも気を配らなければいけない。
 ちゃんと教えた通りの物を買ってきてお釣りも正しく、それでいて時間が掛かり過ぎて中身が溶けてしまったり形が崩れたりしていなければ満点だ。三番目の項目についてはドライアイスがあるから心配しなくてもいいだろう落妝產品

無事に帰ってきたら沢山褒めてあげて、好きなアイスクリームを沢山食べさせてあげよう。私も子供にしっかりと感謝の気持を伝え、美味しく戴きたい。母親は息子がいま何をしているだろうかと想像し、思わず笑みがこぼれた。
 もちろんどこかで失敗してもちゃんと出来たところを評価してあげて、どこが間違えたか一緒に考えて次の自信につなげてあげればいい。

「ただいま~」
「おかえりなさい。ちゃんと出来た?」
「うん、もちろんだよ」
「そうね、どうもありがとう」
「はいママ、中をあけてみて」
「ふふ、すごく楽しみね」
「うんっ、早く食べたいよ」


「あ……あれっ、これって、あの、ドライアイスじゃ、ないの……かな」
「うん、その、ドライ……なんとかってのがわからなくて、でもアイスがとけちゃうから、それでコンビニで」
「……氷を買ってきて入れたの?」
「うん、ごめんなさい。ぼく、ママの言ったことをわすれちゃって」

常々思っていたの


ウチの敷地に勝手に生えてきて毎年咲きます^^
放っておくとばんばん増えるので、ある程度取り除きます。
それでも「これでもか」というくらい生えてきます。
ちょっとしたタイルの隙間のような場所からもぐんぐん伸びます。丈夫、というより頑丈です。すごいど根性です^^
花はわりとキレイなんですけど……
放っておくと地上からほぼ垂直に、1.5メートルくらいにはなるでしょうか。茎や葉も太いっす。

「この花一体何だろう」と常々思っていたのですが、ネットで調べてみたところ、

『ゼニアオイ(銭葵)』 
というお花によく似ている気がします。正解でしょうか。

江戸時代頃に渡来した比較的新しい花で、元々は観賞用だったらしい、というか今も鑑賞用なのかもしれませんが、とにかく丈夫らしいです。
手入なんかしなくても、場所を選ばず勝手にどんどん成長するらしく、道端なんかにもよく生えていて最早雑草のような存在とのこと。
うーん。正解な気がします^^

ちなみに上の写真は一週間くらい前にウチの駐車スペースの片隅で撮ったもので、今後もっと成長すると思います。
参考までに、ほぼ同時期、最寄紐崔萊駅近くの道端に生えていたものが下です。ウチよりも日当たり良好です^^
ばんばん咲きまくってます♪

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/05)
(01/12)
(02/01)
(04/12)
(04/25)

P R

Copyright ©  -- 大手拉小手 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]