忍者ブログ

大手拉小手

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

返されるやりの



「あっ。早くしないと、幼稚園バスが来る時間。めそめそしてないで、さっ、急いで。」

「え~ん……。ぼくのスモック~。」

頭から容赦なく姉の制服のスモックが被された。仕上げにぽんと、黄色の帽子を乗せられる。繰り返される朝の光景だった。

「いつまでもぴぃぴぃ言わないの。それと、おねえちゃんと呼ばずに「湊くん」と呼びなさいって言ってるでしょ。わかった?」

「え~ん……わかった~。湊くん~。」

困ったことに、姉のピンクのスモック(白い丸襟、お花の刺繍付き)は、禎克にとてもよく似合っていた。さらさらの明るい栗色の髪、大きな二重の禎克は、最近は売れっ子の子役のように文句なしに可愛い。
母も、逆ならよかったのにねぇと笑っている。大人たちは笑うが、禎克は真剣に悩んでいた。「女の子みたいに可愛い」と言う形容詞は、禎克にとって褒め言葉でもなんでもなかった。

お迎えの幼稚園バスに乗っている川俣先生は、毎朝繰りそんな姉弟の様子を、にこにこと笑ってみていた。

「おはよう、禎克君。今日もおねえちゃんに青いスモック、取られちゃったのね~。」

「う……ん。まけた~。」

髪をうんと短く切って、男児にしか見えない姉は快活に朝の挨拶をしていた。

「おはようっす!かわまた先生。」

「おはよう、湊(みなと)ちゃん。今日もかっこいいのね。」

「そんなこと、ないっすよ。つか、かわまた先生、髪型変えたんすね。めっちゃ可愛いっす。」

「や~ん……、湊ちゃんったらちびのくせに、男前~。先生、うっかりときめいちゃうじゃない。」

「湊、嘘は言わないっすよ。先生はまじ可愛いっす。」
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/05)
(01/12)
(02/01)
(04/12)
(04/25)

P R

Copyright ©  -- 大手拉小手 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]