忍者ブログ

大手拉小手

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柔長い光が漏れている


歳月は軽くかん、亲爱なるクラスメートがもはや混淆飞の健步、澄んだ声を敬爱の先生もだんだんよう要求したが、花、もはや寺跡だった。时间はひっそりとしていたが、私たちの心の中の母校にして、いっしょに长くような宝石、私达に散っていを覆ったものであっても、私たちの温度をしたが、私たちの体の名創優品山寨香りには、私たちならではの色をしていた。

覚えていますか?巧が小さい沙で飲まないぁぁぁここには渓に幽蓝幽蓝の川に、轻舟は速くて、金帆いました。も…永远に続くものの厚みが滩林歌えば、林光フラッシュ・风情万种だった。菜の花の花黄、鍋ツルナシインゲンマメ白くて、ナビ」と述べた。春陽题的に引っ张って私たちの影には柔らかな田 名創優品坎質問ばかりではない。春風に私达と一绪に、一绪にめくっている私たちに渡された本だ。あの時、燃え上がっている。あの時に青春の曲だけ愚か、無知恐れぬ。

砂の上に落ちた。中安伐採千年の大ミシェル放つ淡く微か书香、一位清貧の秀才のほかに、少し俗离れの雰囲気がある。

覚えているのはハイイロガン牌氷条の味じゃないですか。ミシェルあの竹の棒をたたく木箱の声がして、どんなに魅惑!小さな木、しばし第ハイイロガンの牌氷れている真白な布団をしっかりと包んで、全体の夏にもだけを食べなければならない上一二条だった。い小遣いの年代で、1段の静かな分からない判逆青春の時間を過ごした。

覚えているのは近似音子の味じゃないPretty renew 代理人 ですか。绛紫色盛りあがっている。、、淡く微か甘い。甘いの榕子を入れ、觜したり、手のひらに入れて、紫色の榕子に舞い降りて身を転がり額縁であっても、それは砂の中陛下は最もづつみをのデザートを、1种の幸せの一生の感じがします。

教室の入り口の廊下を覚えているだろうか?木造の歩くのうえに、みしり呀呀につれの音が鸣る。あなたはこの頭へ持ってあった。男子生徒の大気豪快と女の人の細い照れて提出すれば、この声の大きさを見分ける。晨阳里の廊下の干洁に暖かく、静夜の廊下はいつもで月あかり。

沙中米、美は景、美しさは情だ。景の最も美しいは先生の後ろ姿を見送って、若い簾の後ろ姿を見送って、暗い成熟した姿を眺めた。先生の情念でなければならない窓のすぐ前あの束照明、深夜にその暖かい、柔長い光が漏れている。

覚えているのはあの"わたしは歩いたことがあって先生の窓の前に"歌ですか?「私はそっとあなたに歩いたことがあって、明るく灯の色が照らすことに私は、あなたのことを思い出すたびに敬愛するいい先生、みだらじんわりヵ月」だった。この歌がわれわれの「明るく"の砂の中で、暖かく私たちはかつて青の渋いと無知も、砂の中で1人当たり伴う。陛下の生涯だった。

砂の中の滞在して、私达はこれに集まって、暖かく感動を与えた。先生は、両親のような威厳;先生は、長さの兄と姐のような寛容と热情;先生で、一生の先生、ガジュマルの木のように恩!クラスメートを見ていると、春に官山輝ける降りしきるの梨花(イファ)で、百に揺れ、純粋に洁。又如楠溪江湖畔の雪に、金帆くろくロマンチックだし、职务重を隠さなかった。

再会はかつての若さで会うは滞在は真っ白な気持ちを再会では別の後の再と出会う。亲爱なる同窓敬愛する先生、私たちの心はいつまでも暖かくて,私たちの心に永远にいっしょにいます。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/05)
(01/12)
(02/01)
(04/12)
(04/25)

P R

Copyright ©  -- 大手拉小手 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]